の胃痛、ピロリ菌の初期症状かも?

胃の痛みや胃もたれを感じる人はだれでもあるものです。
現代人はストレスにさらされているので、ストレスから胃の調子が悪くなることも実際にあります。
胃の不具合を感じると病院にいって薬を処方されてよくなるものですが、いつまでも薬を飲んでも症状が変わらないというときは、別の問題があることがあります。
それはストレスによる胃の不具合というよりもピロリ菌が要因になっていることが多いのです。
ピロリ菌によって胃炎になったり胃潰瘍や、最悪には胃がんになることがとても多いのです。
胃がんの要因のNO1といっても過言ではないのです。
そのためいつまでも胃の調子が悪いというときには、ピロリ菌の検査を受けることが必要です。
昔は胃カメラをやって組織をとって検査をすることが一般的でしたがいまは、息は検査容器に吐いて調べたり、血液検査でも調べることができます。
さらにはピロリ菌の除菌も薬を飲むだけですし費用も保険適用なので、手軽に行えるようになっています。

ロリ菌と疾患について

ストレスがあってもピロリ菌に感染していなければ胃潰瘍にならない "ピロリ菌に感染したからと言って、すべての人が必ず胃潰瘍や胃がんといった疾患にかかってしまうというわけではありません。しかし、ピロリ菌への感染によって胃炎を患うようになる人がほとんどであると言われています。 では、胃炎のほかに、ピロリ菌に感染したことによって患うことの多い疾患にはどのようなものがあるのでしょうか。その一つは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気です。ピロリ菌に感染したことが原因となって、胃や十二指腸の粘膜が溶けてしまい潰瘍ができてしまう疾患のことです。 また、菌に感染したことによって引き起こされる別の疾患には、胃がんがあります。この病気は、胃の中に住み着いた菌によって慢性的な炎症が起き、胃の粘膜を防御する働きが弱ってしまうことによって引き起こされるものです。そんな状態のところに、食事などによって発がん物質の多い食物を食べたり、過度のストレスにさらされたりすると、胃がんを引き起こすリスクが高くなってしまうというわけです。"